押忍。失礼します。

 第四十五代主将を務めさせていただきました、鈴木です。

 日本大学工学部日本拳法部OB、OGを始めとする諸先輩方、日本拳法連盟の諸先生方の様々な御指導、御助力のおかげで四年間の学生拳法生活を何とか無事送ることができました。

 私は初め、軽い気持ちで入部し辛かったらすぐに辞めようと思っていました。しかし、日々練習をしていくにつれて先輩方の日本拳法に対する熱意や情熱を感じていきました。

 そんな尊敬できる先輩方が近くにいたからこそ先輩方の力になりたい、先輩達が守ってきた日本拳法部を自分も守ってみたい、そして先輩よりも強くなって恩返しをしたい、そう考えるようになったと感じています。

 我武者羅にやってきましたが、四年目に自分がもっと強くなれる可能性に触れることができました。私はこの可能性を見つけたのに、社会人になるから日本拳法を辞めるという潔い決断はできません。

 来年からは初代幹部である田淵先輩の下で日本拳法を続け、いつの日か日本大学工学部に自分が身につけた技術、知識を持ち帰り、今では過去のものと化した強い日本大学工学部日本拳法部を作り上げたいと考えています。

 それができたとき、初めて先輩方に恩返しができたと言えるはずです。

 私の学生拳法生活は終わりましたが、これからは新しく拳法生活を歩んでいきます。

 日本大学工学部日本拳法部は、これからは第四十六代主将関佳太をはじめとする後輩たちが自分の後を継ぎ、強く素晴らしい部になっていくと確信しています。

 これからも日本拳法部部員へ諸先輩方からの御指導御鞭撻のほどを御願い致します。

 最後になりますが、4年間御世話になった日本拳法部諸先輩方を始めとする日本拳法関係者の皆様に心より御礼を申し上げ、御挨拶とさせていただきます。

 失礼します。押忍。